“龍馬「船中八策」参考に”『プロデューサー養成講座』始めました。マーケ実践Vol,141

“龍馬「船中八策」参考に”『プロデューサー養成講座』始めました。

=<<私 見 マーケティング実践報告 >>=Vol.141

‐‐‐皆々様‐‐‐
■□ コーディネーター(創生プロ)の高橋です。 □■

『プロデューサー養成講座』始めました。との宣言を皆様にお伝えしています。
(フライヤー https://file.www2.hp-ez.com/soseipro/file_20170925-084130.pdf )
しかし、安倍総理の掲げる「人づくり革命」が具体的に「何やるの?」と問われているように、『プロデューサー』に関してもご説明が必要ではないかと・・・・。そこで、
◇ 【定義】【プロデューサー】とは、
◆ 制作活動の予算調達や管理、スタッフの人事などをつかさどり、制作全体を統括する職務や職業。ご理解できましたか?
できない。できるわけがない!“こりゃまた、失礼いたしました。”(植木等さん風に)
では具体的な例を挙げてみましょう。
◆ ユニクロはCMやWEBデザインなどを外部のクリエイターの佐藤可士和さんにお願いしています。福島県は震災後クリエイター 箭内道彦さんにいろいろお願いしています。
(佐藤可士和さんや箭内道彦さんがどんな方かわからない・・・)
◆ おニャン子クラブやAKB48などの女性アイドルグループのプロデュースを手がける秋元康氏や、スタジオジブリ全作品の映画プロデューサーを担当する鈴木敏夫氏などです。前々回は『時間ですよ』『寺内貫太郎一家』などを手掛けた久世光彦氏の紹介から入らせていただきました。
(久世光彦氏や秋元康氏・鈴木敏夫氏ならばわかるでしょう。)
ビジネスの視点から上げさせていただければ、アップルのスティーブ・ジョブズ氏やソニーの盛田昭夫氏もプロデューサーと呼ばせてください。
(ご理解いただけましたか?まだ、時代が合わない、これ以上昔の事例挙げると・・・。)
◆ 坂本龍馬氏や中岡慎太郎氏は前回ご紹介済みとなると黒田官兵衛氏か竹中半兵衛氏、はたまた聖徳太子まで遡らなければご理解いただけない?“ガチョーン!”“ハラホロヒレハレ”

◇ 次に【内容】【プロデューサー】とは何やるの、てなことで、具体的に。
1)【プランナー】ネットで調べると、事業の企画担当職務。立案者。設計者。
震災直後、大中小様々なシンクタンクや研究所と自称するところが、行政などに向けた『復興ビジョン』なるものを大金と引き換えに持ち込まれました。ポッチャントイレの消滅、チャッカマンの普及で紙が不要になっている今となっては、使い物にならない『復興ビジョン』なる企画書はごみ収集車を煩わすかパソコンのハードディスクの片隅に。そんなことにならないように、『未来』を思いながら『足元』を見据え1~半歩先を【企画立案&提案】できる人材が必要とされています。
*プランナーの事例はあえて避けます。プランナーと呼ばれるような方は多数おられますので想像してみてください。

2)【コーディネーター】ネット検索で出てきた答え。様々な要素を統合・調整することにより一つにまとめ上げる職務や職能。
*例として、
◆ 全体の統一性を考え衣服や装身具の組み合わせを考える人。「ファッション・コーディネーター」。
◆ 住宅の内装や改造に関して、関連する商品知識をもとに消費者に選択や組み合わせをアドバイスする人。「インテリア・コーディネーター」。
イメージが掴めましたか。多様化された現代に於いては、コーディネーターの必要性が高まってきています。しかし、人類史上初の『福島問題』、対応できるコーディネーターは?

3)【コネクター】人と人、人とモノとをつなぐ職務や職能。
◆ 電子回路や光通信において配線を接続するために用いられる部品・器具のこと。
という事例を出せば分かり易いかと、前回はコネクト&コーディネートと一括紹介いたしましたが、遊郭の“のれん”の前で客引きするやりて婆やネオン街の呼び込みのように誰でも良いわけではありません。(彼らも客の顔を見るテクニックは必要なのでしょうが)
多方面における人脈を有し、信頼関係を気付いていなければ最適なコネクト業務の遂行は成し得ません。産学官を網羅するネットワークと専門分野のR&Dシーズを駆使しての【コネクト】業務、能力を有するまでには時間が掛かります。

4)【アセッサー】対象者・対象事業の観察及び評価・査定を行う職務や職能。
震災後6年半の福島には『玉石混淆』『ピンからキリまで』『味噌も糞も一緒』の提案が各方面から怒涛のように押し寄せてきた。誰もが未知で誰もが未経験の“地方の消滅可能地域における大震災と放射能”に係る技術・政策提案、【評価(アセスメント)】の混乱は目を覆うばかりでした。
◆ 【アセッサー】は自分自身がすべて【評価・査定】しなければならない訳ではなく、【コネクト力】を持って専門的知識を持つ方々に【評価・査定】をお願いすることで職務が遂行できます。

5)【マーケター】マーケティング理論や調査・実践に専門的な知識を持つ戦略立案者。
◆ マーケティングと云うと市場調査や利益追求の営業活動をイメージなされる方が多いと思いますが、実際は調査等をもとに情報の取集分析を行い“ビジョンや目標”に向けた戦略立案が主業務になります。商売や金儲けの道具との認識から、非営利組織(行政・大学・研究機関・団体等)のマーケティングに比重は移りつつあります。

6)【ファイナンス】金融です。プロデューサーの重要な資質なのですが、『プロデューサー養成講座』の科目には含めません。【コーディネート】【コネクト】科目にて講義。
◆ 資金をいかに作るかは大変重要とされる資質です。今の時代は、金融機関から借金する方法だけではなく、ファンドやクラウドファンディング・公的補助金など様々な方法があります。これらは、専門家にお願いすることが重要なので“お”“願”“い”ね““(ハートマーク)”の仕方をご教授いただけます。当ネットワークには“若くて美しい”メンバーも控えています。(私の主観なので、期待値のブレ幅はお任せします。)

◇ 次に【カリキュラム内容】を具体的に。
(カリキュラム:一定の教育の目的に合わせて教育内容と学習支援を総合的に計画したもの「教育内容の系列」「教育課程」)
:・マーケティング概論 ・ネットワーク形成論 ・実践活用手法 ・ICT活用手法
 ・ビジネスマナー論 ・etc・・・
を講義科目ごとに、と思ったのですがページの関係で、“あ”“ら”“た”“め”“て”“!”
:講師 『福島の復興を考える会』参加専門家(1,800人のネットワークを活用)
“あ”“な”“た”“に”“も”ご依頼の予定。
:Off-JT(オフ・ザ・ジョブ・トレーニング)紹介、“御”“社”“に”“も”ご依頼の予定。

◇ 次に【講座概要説明】
【受講資格】:大学・短大卒(予定者)、20歳~45歳(位の)男女、パソコンスキル、

【受講期間】:半年コース 又は1年コース
:月2回(隔週)月曜・水曜(自由選択)の18:00~20:00
:常時メール活用による情報共有指導

【受 講 料】:自己投資できる額(要相談キャリアスキルUPとして自分に投資できる範囲)
:参考金額 18,000円(税抜)/月/1人(4,500×2回+メール指導9,000月)

【受講場所】:福島サテライトブランチ または 出前講座開設(1回2名以上)

【受講後の職種説明】
◆ :プロデューサー:コーディネーター:プランナー:ベンチャー起業家(アントレプレナー):コンサルタント
◆ :公的支援員:行政職員:非営利組織支援員
◆ :受講資料:「マーケティング」恩蔵直人著(日経文庫)
  :「ノヤン先生のマーケティング学」庭山一郎著(シンフォニーマーケティング)

★ 以上、お申込みお待ちしております。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック