『暑中お見舞い申し上げます。まずは自分に・・・。』マーケ実践Vol.118

『暑中お見舞い申し上げます。まずは自分に・・・。』14、07、27

=<<私 見 マーケティング実践報告 >>=Vol.118

‐‐‐皆々様‐‐‐
■□ コーディネーター(創生プロ)の高橋です。 □■

今年も暑い暑い『夏』がやってきました。
皆様のお体をお気遣い申し上げます。
・・・・との社交辞令は置いといて、本音は“この齢でこの夏の暑さは「キビシ~ッ!」” 財津一郎さんなみに、青息吐息で今年も乗り切りたいかと・・・。

ハイ、本題。
ネットで下記のような記事を見つけました。ソフトブレーン・サービス(株)野部剛社長の話です。
“「従来の営業を変えたい」というご相談をよくお受けします。業界は成熟しており、縮小傾向にあり、既存顧客を守っているだけではジリ貧なので、ほとんどの経営者は「新規開拓をやれ」とハッパをかけています。似たような状況に直面している業界はほかにも、IT、人材、住宅、金融など数多くあります。
 新規開拓に注力するのは結構なことですが、その方針が営業現場に落ちてきたときに何の加工もされていないケースがあまりにも多い。ここに問題があります。マネージャーの担当者への指示は、「新規をやれ」というだけ。結果が出なければ、「それだけしか回ってこなかったのか」「もっと飛び込め」「足で稼げ」と繰り返すばかりです。本当に、このようなやり方で結果が出ると考えているのでしょうか。確かに、かつては足で稼げた時代もありました。何十社かに飛び込み営業をかければ、案件が生まれることもあったでしょう。しかし、それは業界全体が成長していた時代の話です。“

“「新規をやれ」とか「足で稼げ」と言うだけのマネージャーを、私は「概念論者」と呼んでいます。理屈をこねて概念を振りかざし、具体論が欠けているからです。”との内容でした。
このくそ暑い中、営業かけられる方の迷惑にも考慮が必要と思われます。また、セールスルートの公園の木陰で車内クーラーをかけて一休みの営業マンも多々みかけられます。この経費は・・・。

今回は、こんな話から入ります。
なぜかと問われれば、先日「壁塗り」業者からの電話をいただいたことからです。
日曜の夜9時近く、非常識にも営業の電話をかけてきました。
「住宅の塗装を行っています。自宅の外壁はいかがですか?」
休日の深夜近くの営業活動。あまりの常識の無さに問うと、逆切れして“うちの営業を妨害するのか?” “俺の給料出してくれるのか?”の話です。電話番号などの個人情報はと問うと、電話帳で調べたとのこと2~3十年前の電話帳データが出回っているようです。
あまりの逆切れに頭にきての反論、する気もなくなりこの企業の将来に不安を感じたものです。
ネットには住所・電話の記された町内会の名簿が・・・。中国企業を批判できな~~い日本の現実。

「ベネッセ」の個人情報流出が問題になっていますが、未だに旧態依然の営業手法が神棚の上に崇め奉られているようです。
就業開始時間になると朝礼が始まります。神棚の下の社長訓示から始まり最後に神棚に向かい「二拝二拍手一拝」。(出雲大社、宇佐八幡、弥彦神社系は4回、伊勢神宮系は8回など、であるそうです。)
“今日も1日ガンバロー”(どこか時代遅れの政党と同じようです。)・・・・“行ってきます。”営業部隊の出陣です。
ソフトブレーン・サービス(株)野部剛社長の話に戻ってください。
“これが、今の時代でも営業成績につながるのでしょうか。”
*営業のプロがいなくなった!と、嘆きましょう。
・押し売り(おしうり)とは、買う意志のない者に対して無理矢理に売りつけること。(ウィキ引用)
相手に買う意思がないのに、無理矢理売りつける行為は刑法第223条の強要罪に該当する。
昭和中期には、主婦が一人でいる時間を見計らって玄関に上がり込み、粗悪なゴムひもや縫針などを法外な値段で売りつけることがしばしば存在した。「昨日刑務所から出所したばかりで、これからは正業で生きていく身だ。そんな気持ちを踏みにじる気か?」と恫喝するのがお決まりであった。
フムフム、一昔前のテレビではよく見かけたもんです。30年前のニュータウン(集合住宅)を舞台に“志村けんの変なおじさん”の様な人物が玄関に腰を下ろして・・・・。

・啖呵売(たんかばい)とは、ごくあたりまえの品物を、巧みな話術で客を楽しませ、いい気分にさせて売りさばく商売手法である。(ウィキ引用)
昔の縁日や路上販売などで、よく行われていた。 地口などを混じえた流れるような独自の口上は一種の芸(芸能・芸道)としても評価されており、「バナナの叩き売り」などは有名な例である。また、実演販売は、洗練された現代版啖呵売といえる。
“寅さん”で有名であり、今の時代でいえば高田社長の“ジャパネットたかた”さんも。
〇第6話 男はつらいよ 純情○
♪わたくし、生まれも育ちも葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い、姓は車、名は寅次郎、人呼んでフーテンの寅と発します。不思議な縁持ちまして、生まれ故郷にわらじをぬぎました。あんたさんと御同様、東京の空の下、ネオンきらめき、ジャンズ高鳴る花の都に仮の住居まかりあります。故あって、わたくし、親分一家持ちません。
行こか戻ろか思案橋ってなぁ。労働者諸君、稼ぐに追いつく貧乏なし、か?
夏になったら啼きながら、必ず帰ってくるあの燕(ツバクロ)さえも、何かを境にパッタリ姿を見せなくなることも、あるんだぜ。結構毛だらけ猫灰だらけ、尻(しり)の周りはクソだらけってねぇ。タコはイボイボ、ニワトリゃハタチ、イモ虫ゃ十九で嫁に行くときた。 黒い黒いは何見て分かる。色が黒くて貰い手なけりゃ、山のカラスは後家ばかり。ねぇ。色が黒くて食いつきたいが、あたしゃ入れ歯で歯が立たないよときやがった。どう?
お前も封建(フーケン)主義者だよ。今時、人情とかさ、蜂の頭だとかさ、アリのオチンチンなんてな、古いんだよ。
御通行中の皆様。新年あけましておめでとうございます。 お客様、どうぞ、今年もよいお年でございますように。 さて、ここに陳列されましたる幸せを呼ぶ鶴亀でございます。 鶴は千年、亀は万年。あなた百まで、わしゃ九十九まで。共にシラミのたかるまで。 三千世界の松の木が枯れても、お前さんと添わなきゃ娑婆に出た甲斐がない。 七つ長野の善光寺、八つ谷中の奥寺で、竹の柱に萱の屋根、手鍋下げてもわしゃいとやせぬ。 信州信濃の新そばよりも、あたしゃあなたのそばがよい。あなた百までわしゃ九十九まで、ともに白髪の生えるまで、というのが本当。 もし、もしこれで買い手がなかったなら、本日、貧乏人の行列と思って諦めます。右に行ってみるたび、左に行ってみるたび・・・・・。
まかった数字がこれだけ。どう?一声千円といきたいな。おい、ダメか?おら八百、六百、ようし、腹切ったつもりで五百両、と。持ってけ。♪

てな具合の営業活動も、単に「寅さんは面白い」「高田社長の引退は何故?」で片づけてはいけないものがあります。
最良の『プレゼンテーション』手法として見習うべきものがあると・・・。
NHK Eテレで放送中の『スーパープレゼンテーション』故スティーブ・ジョブズにも劣らない方々のプレゼンが紹介されています。是非ご覧あれ。
http://www.nhk.or.jp/superpresentation/
これもEテレ『白熱教室』ロンドン・リオ・東京と3大会連続でオリンピック招致を成功に導いた国際スポーツコンサルタント『ニック・バーリー』氏が「プレゼン白熱教室」を学生相手に開催。
先週・今週の2回で放送されました。****これは必見です。****
http://www.nhk.or.jp/hakunetsu/

旧態依然の営業手法も適正な個人情報をもとに、マーケティング用語でいうリード(見込み客)を選定し=>ターゲティング、ポジショニングを明確化し=>ブランディング(信用付加)し、CS(Customer Satisfaction)=顧客満足、を見据えたCRM(Customer Relationship Management)=セールス、マーケティング、サービスなど、顧客に影響を与える部門業務すべてをシームレスに統合し、顧客満足度と自社の利益を最大化しようというビジネスモデル構築の考え方。に時代に合わせて修正していくことが必要と思われます。
(マーケティング用語の羅列、意味が分からなければスルーで構いませんが3回ぐらい繰り返すと、感覚で理解でき始めます。)

<<私見、>>
柴門ふみさんが言っていました。あの『課長島耕作』の作者、弘兼憲史氏の奥様でありトレンディドラマの原作者、恋愛の巨匠、恋愛の教祖等と呼ばれたあのお方があげた一例です。
“見た目重視で結婚した結果、子連れでバツイチ“もう二度とイケメンは・・・”と猛反省。していながら、子供と行ったディズニーランドで王子様に夢中で手を振っている自分に気付いた。“
人間の性(さが)を見ています。
私もこんな視点からアドバイス。
“恋人がいない”・・・。“それはよかった。デート代がかからなくて済む。”
“恋人ができた”・・・。“それはよかった。幸せがもうすぐだ。”
“恋人に振られた”・・。“それはよかった。もっと良い人に巡り合えるチャンスが来た。”
ポジティブ。ポジティブ・・・。
お気楽!お気楽!脳天気&能天気。
意識改革を進めてみませんか。
<<今回は、すべて自分に・・・・問いかけています。>>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

xxvcocovxx@ezweb.ne.jp
2014年07月31日 16:09
ブログ拝見しました!お気に入りに入れててチェックしてました。
コメントするの初めてです。
実は私自身家族のこと、子供のことや別れた旦那のことで凄くつらい思いをしてた時に、ブログを彷徨ってたら、このブログにたどり着いたんです。
いつの間にかみち君さんのブログの世界観に吸い込まれて、なんだか私自身が救われた気持ちになれました。こんな風に自分が正直になれたり、凄くみち君さんには感謝してます。勝手にこんなこと言われても困っちゃいますよね?
もっともっとみち君さんのことが知りたくて、私の直接の連絡を入れておきました。
こんなに素敵なブログの管理してるんだから、みち君さん自身にも魅力があるんじゃないかって・・・勝手に思っちゃったのが理由です。(もし迷惑だったら削除して頂いても構いませんからね。)ちょっと不安定な天気が続いちゃいますけど、風邪とか気を付けてくださいね。お身体ご自愛ください。

この記事へのトラックバック