『謹賀新年、年末年始コロナでより“こたつむり”より』2021,01,01

『謹賀新年、年末年始コロナでより“こたつむり”より』2021,01,01

=<<私 見 マーケティング実践報告 >>=Vol.150

‐‐‐皆々様‐‐‐『新年あけましておめでとうございます。』
■□ コーディネーター(創生プロ・福産協※もう一つ肩書が)の高橋です。 □■

旧年は、大変お世話になりました。本年も引き続きのご高配よろしくお願い奉ります。
本来なら、賀状でのご挨拶いたすべきところ、紋付き袴に紫紺の風呂敷に包まれた饅頭の箱詰めを抱え懐にはお子様対応のポチ袋を用意し、ご年賀にお伺いすべきところ、メールでの手抜き(手は抜いていますが、足も動かしてはいませんが、頭の中だけは少し動かしました。)お許しいただきお付き合い願えれば幸いです。
(*ここまでは前年・前々年・前々々年のコピペ、今年も例年の行稼ぎの定型句です。)

 昨年は、大変な『年』でした。(『齢』も大変になってきました。今進めているスマートシティと云う『都市』もこれまた大変、♪哀愁でいと♪ハッとして!Good♪など『トシ』ちゃんはどうだったかな?と、思いを飛ばす方も今のイメージを浮かべる方も)・・・。
このような配信も、初めての方の比率が高くなってきています。
配信当初は、月2回ほどの回数で、それが月一・3~4か月で一回・・・今では年初のご挨拶のみになってしまっています。とは言え仕事関係の方々には頻繁に”うざったくなるほど“のメールを送らせていただき、今ではオンライン・テレワークまで・・・。DX(デジタルトランスフォーメーション)の波に♪乗ってけ 乗ってけ 乗ってけ サーフィン 波に 波に・・・♪(「ゴールデン・ハーフの太陽の彼方」古すぎる例を挙げてしまいました。)乗れるように日々努力中のこの頃です。

このメルマガの親父ギャグの“列挙”も“ラッキョ”と同じで苦手な方もおられると思いますが、老若男女年齢不詳様々な方々への配信ご挨拶なので、忍耐強くお付き合いください。一年も配信していないと、この後アドレス消滅による削除作業が待っていることを考えると・・・憂鬱で憂鬱で。
しかし、今年は昨年以上の“こたつむり”!一升瓶を抱えながら冬眠中の“くまさん”のごとく虚ろな頭で一件・一件削除していきます。この削除作業は、一人ひとりとの出会いを思い出しながら関係を消し去る作業です。十数年、こんな配信を始めたころからお付き合いいただいていた方、つい先日名刺をいただいた方、“配信できませんでした。”を確認しながら、寂しさと共にまた新たな出会いを今年も求めて・・・・。50/2000人は覚悟しなければ。

削除作業を行うと今までの、
 ♪現在・過去・未来・・・♪渡辺真知子さんの「迷い道」のように過去から現在まで迷路に嵌ってしまった人生を思い出します。その「迷い道」の道程も、このデジタル社会では上空からのドローンや“準天頂衛星システムみちびき”などで迷路の出口指標が示されるようになりました。抜けても抜けても次の迷路はまた待っているのですが。
過去(昔)を知る方は、「福島のファッション伝道師」(単に昔は美人だった女性(過去形?とか、今は?の突込みはタブー)に洋服を売りつける商売)を行っていたとの印象が、その後の方は「福島のコメ販売士」(農水省のコーディネーターという肩書をいただいて。)が震災によって「コメ」が「放射能」に激変してしまったこと。福島の農水エリア入口から出口まで関わっていたことから、必ず来ると思っていた『放射能』、「福島のファッション伝道師」として先を読む力は"フランス大使館&イタリア大使館"が帝国ホテルなどで開催の展示会などで培ったモノをまた活用して。
※先を行き過ぎてビジネスとしてはこけてしまいましたが。次の福島の「コメ」ビジネス、一合パックの小分け販売などは今になってコンビニやアイリスオーヤマが・・・、10年早すぎました。
福島の「放射能」の知見もいずれ全世界に必要とされます。「コンクリート除染は波波針金のデッキブラシでごしごし削る」や「放射能測定はAIによるデータ分析」が有効など最旧来の人海戦術対応から最先端のIT技術までの知見を積み上げました。しかし、これも1Fの廃炉以外では当分使い物になりそうもありません。それまで技術・知見・ノウハウを維持していく事は民間では難しかったことから、これも産業創生には早すぎたようです。
この数年目標としている「スマートシティ・スーパーシティ」、復旧の『放射能』の尻拭いから復興の『デジタル』化へ、尻拭いも“落とし紙”から“トイレットペーパー”へ、今は“ウォシュレット”へ進化したように、復興のまちづくり・産業創生もICT・再エネ・MaaS・5G・・・・などなど、時代の最先端と触れ合いながら1.5歩先を進むことができるまでになりました。早すぎた伝道師を“どうでんねん!”と『DXの時代』が近づいてきてくれました。目標も、“フランス大使館&イタリア大使館”経由のECファッション、♪ドルチェ&ガッバーナ(D&Gのロゴのトレーナーをよく着た頃を思い出して)の香水のせいだよ♪(瑛人・「香水」)などのブランドを目標に、「コメ」も「放射能」もなかなか目標が漠然としていたのですが、今回は峠を越えた(昔の福島交通バスによる峠越えは大変でしたが、土湯峠の茶屋で猿を見て会津盆地の七曲り、“強清水の天ぷら饅頭”までたどり着くと!)隣に『会津若松市』と言う国内最先端のDX都市がありました。
今までのように、遠い遠い目標を目指さなくても、今回はお隣さんを“横目で、下から目線でパクれば良いので・・・、何か今回は旨くいきそうです。”

 と言っても、そんなに簡単に真似ることマネタイズすることができないことも覚悟。また、DXのキーワード『誰一人置いてきぼりにしないデジタル政策を!』、SDGsの目標も『誰一人取り残さない世界』、徳川家康も林道春から「戦国の荒野に血刀をひっさげてさ迷い歩いた人々を・・・、日本人全部聖人にしてしまおう。」転記は講談社&山岡荘八氏の了承を得てはいないので(面倒くさいからが本音)「山岡荘八文庫(全26巻)の21巻春雷遠雷の巻」P96・P97を参照してみてください。実際には不可能であっても「目標・てーま」は高く上げて向かう姿勢を見せなければ・・・家康さんと道春さんが言っています。
 一見、ドン・キホーテ(こっちはドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ)のように見えますが、(株)ドン・キホーテの成功事例だってあります。サンチョ・パンサとロシナンテと共に巨人(風車を見間違えたとしても)に挑んで行かなければなりません。

 時代は、withコロナ・Afterコロナの時代に変わります。週刊少年ジャンプの「鬼滅の刃」や「ONE PIECE」には付いていけなくても時流には乗っていかなければ、ジャンプだって終了した「こち亀」が時折の読み切りで載ります。今年は、4年に1度の夏季五輪の時期に名物キャラクターの日暮熟睡男(ひぐらしねるお)がコロナ延期で出るか出ないか話題になっていましたが、“出た!”ようです。“残念見逃した!”あとはコミックを待つしかないのですが、読みきりなので・・・。※知る人ぞ知る、知らない人は全く知らない日暮を待つ人が全国にはこんなにもいるのです。アンテナを張って感性を磨いて・・・!継続していけば!秋元先生だって「こち亀」で紫綬褒章がもらえるのですから・・・。時代は変わっていきます。あの頃は夢か妄想だった“ドラえもん”も“こち亀”も“鉄腕アトム”も時代が近づいてきています。

今年は、ビール&日本酒(熱燗用の旧二級酒と冷酒用の純米酒)&市中を回って探し出した一升瓶ワイン&ロック用のウィスキー&いざという時の缶酎ハイも用意して、この<<私 見 マーケティング実践報告 >>=Vol.150を考察しています。文脈や内容が“あっちゃ飛んで、こっちゃ飛んで”の読み苦しさは久しぶりで楽しんでいる我の我儘自己満足とご勘弁ください。

今年も、こんな配信からお付き合いいただきたく、
「隅から隅まで ずずずい~っと希い(こいねがい)上げ奉りまする」
♪チョ~~ン♪[柝の音]を響かせて・・・・・・。